肌質はスキンケアで改善を

手とコットン

外部刺激に肌が弱い状態

医学的には敏感肌という用語はありませんが、一般的に化粧品や洗剤などを使用したときにピリピリと肌が感じたりと、普通の人よりも肌が外部刺激に反応しやすい場合、敏感肌と呼ばれています。敏感肌は、肌が乾燥した状態だと刺激に対して特に弱いという特徴があります。化粧品を用いるときに、化粧水だけで肌がしみたり、パッティングで刺激を感じたり、あるいは化粧品が含むアルコールが原因でかぶれたりといったことが、肌が乾燥していると起きやすくなります。ただ敏感肌になってしまう原因は人によって様々です。間違ったスキンケアが原因だったり、加齢で保湿機能が衰えて肌質が変化したりといった原因が考えられます。通常の肌の人に比べて、敏感肌の方はスキンケアでも特に保湿を意識した化粧品を使用してあげるのが、改善のための近道です。

体の内と外の両方からケア

一度敏感肌になってしまうと改善がなかなか難しいとされます。しかし地道にケアを続けることで少しずつですが肌質を改善して、健康な肌を取り戻すことも可能です。創意工夫として敏感肌の方は体の内側と外側の両方からのケアをしていくと効果が上がります。内側のケアとしては、食生活の改善ができます。食生活は肉、魚、卵といった動物性タンパク質が多い食事をバランスよく摂取することが敏感肌改善に繋がります。動物性タンパク質は皮膚の成分になるためです。外側のケアとしては、化粧品を使った肌質の改善ができます。保湿成分や肌の再生を促す成分が配合された、敏感肌向けの化粧水や美容液があるため、それらを用いてスキンケアを行うことで、より効果的に敏感肌改善を目指せます。